© 2023 by The Health Spa. (著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • s-facebook
  • Twitter Metallic

 

「なりたい自分」実現のお手伝いをします

 

最近のニュース!!!

ふくらはぎ・・・・。当初に比べて13cm細くなりました。体重も8kg減です。

くるぶし周りの浮腫みもすっかりとれて、足も上がりやすくなりましたね。

歩行困難から10年位遠ざかりました!!

リンパ浮腫による鼠径部の痛みが1~2ヶ月で10→2割程度に軽減しましたね。

後の2割の痛みが軽減するかもう少し様子をみながらやっていきましょう。

脳出血後遺症で麻痺側の手の震えがひどく夜も眠れなかった、又、ポータブルトイレ迄、立って移動するのが大変だったのが、1~2ヶ月の施術でだいぶ改善されましたね。

 

なかなか治りづらかった、広範囲の下腿潰瘍が毎日バンテージを巻いてやっと、浸出液が止まって来ました。治りそうな時に痒みが出て、掻いたらまた新たな潰瘍が出来たりと繰り返し、苦しみました。あともうちょっとですね。

 

寝たきりで両下腿浮腫の為動きの制限がありましたが、マッサージを始めて2ヶ月後、完治しましたね!!  その後3ヶ月経った今も、筋力がついて全く浮腫まなくなりました。

日常生活動作も改善傾向で、もう寝たきりとは呼べません。

 

10数年以上出来なかった正座が5ヶ月の治療で出来るように!!

最近では30分程度正座しながらテレビを見ているそうです。

足の運動を取り入れていたら、自然と筋肉がついて足首周りの重ーいむくみがなくなりスッキリしましたね。お灸のせいか、すっかり便秘が無くなったと言ってました。

 

またもや新しい下腿潰瘍の患者様も1ヶ月の治療で、浸出液がどんどん減少し、ふくらはぎや足首も8cm細くなりましたね!  年末迄に浸出液無くして、毎日巻くバンテージから弾性ストッキング目指しましょう!!

 

乳がん上肢リンパ浮腫の患者様、1ヶ月のリンパドレナージとバンテージで、正常に近い細さになりましたね。ゴール目前です。スリーブ着用目指してこの調子でいきましょう。

 

4月迄寝たきりだったのに、10月ショートステイ先で一部介助で立ち上がり、ポータブルトイレを使えたと聞き感動です。普段の車イスの移乗の練習の成果が出ましたね!!!

 

 

 

~過去に施術した患者様の改善した例~

 

慢性静脈疾患の下腿潰瘍で浸出液・疼痛がひどくて眠れなかったのが、リンパドレナージとバンテージを巻3ヶ月でほぼ完治しました。1年かかると言われていたのに・・・・・。

 

ずっと寝たきりだったのに、筋力訓練を少しづつ続けていたら、日常生活動作が改善され、約3ヶ月で要介護5から4に上がりました!!今は車椅子に乗る訓練をしています。

 

ずっと手押し車を使っていた方が4年ぶりに手引き歩行が出来て感動 !!

 

四肢麻痺なのに、一人でベッドの電動リモコンを操作して少しの介助でベッドサイドに座れるようになった。

 

何年か続けていたら、高血圧が改善してきている。

 

定期的にくる頭痛から解放された。

 

かすんでいた目がはっきりと明るく見えた。

 

血流が良くなり手がポカポカ !! 首肩が楽になり顔色が良くなった。

 

下肢の浮腫みが改善され細くなり、むくみでの圧迫による足の痺れは軽減し、足の上がりも良くなった。

 

マッサージの日は夜眠れる。又は、最近睡眠薬を飲んでないけど眠れるようになった。

 

便秘がちだが、マッサージ後(又は鍼の後)便が出た。又は尿量が増えた(老廃物排泄)。

 

緑内障の疑いがあると言われたが、鍼治療後、再検査したら陰性になっていました。

 

全身マッサージしているなかで、頸肩こりが強くほぐしていたら何十年もの難聴が治って感動!!

 

危篤状態で足がひどくむくんでいて、つぼを押したり擦ったりしていたせいかはいまだになんとも言えませんが、それから元気を取り戻し安定しました。

 

認知症でずっと一人でボーっとしていることが多かったのに、最近新聞を見たり、寂しいなどど自分の感情を表現してくれるようになったり、季節感もわかるようになった。1月だけど2月と答えたり。おしいけどいい線いってます!

 

知らない人が座っているんだけどと家族の事を小声で私に言っていたのが、数ヶ月後に、次は私の家族もマッサージしてくれるのね?宜しくお願いします。と言われました。

 

膵臓癌での放射線療法後、足のむくみがひどかったのですが、1回のリンパケアでもだいぶ軽減が見られ、施術後は尿の量が多くむくみがスッキリ。少しでも長い間自宅で過ごしたいので、歩ける状態でいたいという思いでした。治らない病気でも、少しでも改善できる部分があることが少しでも希望につながり、マッサージの時間が病気を忘れられる楽しい時間であったと後に感謝されました。

 

末期癌で退院後、歩けなくなり寝たきり状態だったのに、マッサージを始めて少し経ち、起き上がり方の指導をしていた数日後訪問したら、家族から喜びと驚きの声が!!

なんと一人でベッドサイドに座っていたそうです。もちろんそこからベッドに横になるのはかなり痛みが出たようですが、やる気をだしてくれた事に家族も喜んでおられました。

 

このように、本人も施術者もあきらめないで治療を続ければ、奇跡ではなく本当に出来る事があるのだと経験から感じられました。

 

「出来ない・治らないと思いこんでしまうことが、改善の妨げになる。」

 

経過の状態は人それぞれですし、慢性期が長いほど治療効果にも時間がかかりますが、

あきらめないで治療を続けて頂きたいです。

 

いつも痛い・苦しいばかりでは、心の状態も下がっていては、血液が滞り、こりを作ってしまいます。

 

時には、マッサージや鍼灸で気持ち良いと感じる事が体に良い反応が出る事にもつながっていくと思います。

体が軽く感じ、鎮痛効果が働きますので、ずっと下がって停滞している心の状態を少しでも上げてあげる事が次へつながると思います。

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now